【CSファイナルステージ第2戦】
○ ヤクルト 5 − 0 巨人 ●
<11月11日 神宮>

 3位・巨人が連敗で、日本シリーズ進出に向けてもう1敗も許されない状況となった。

 先発・菅野智之は2回に西浦直亨の犠飛で1点を失うも、5回までヤクルト打線を1失点に抑える。しかし、6回に二死満塁から代打・川端慎吾に押し出し四球を与えると、塩見泰隆に走者一掃の3点適時二塁打を浴びた。菅野は6回途中5失点で降板した。

 打線も初回に満塁の好機で無得点に終わると、3回以降はヤクルトの投手陣から1本も安打を放つことができず、2試合連続で無得点に終わった。

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル クライマックスシリーズ セ ファイナルステージ ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた川相昌弘氏は、「菅野もよく途中まで頑張っていたんですけど、先手を取られていますので、打線が打てない、点を取れないとはいえ、先に点を取られてしまうと後手に回ってしまう。打者陣にもプレッシャーがかかりますからね」と振り返った。

 また、4番・岡本和真の不在が響いているのか打線は2試合連続で無得点。川相氏は「(岡本が)いた方がいいとは思うんですけど、いなかったらいないメンバーで戦わないとならない。それでも勝たなければならないですから」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)