【日本シリーズ第1戦】
○ オリックス 4x − 3 ヤクルト ●
<11月20日 京セラD大阪>

 ヤクルトのセットアッパー・清水昇が、ピンチを招きながらも1回を無失点に抑えた。

 清水は3−1の8回二死走者なしからT−岡田に中安、安達了一に四球を与え一、二塁とピンチを招く。清水はラベロに対し3ボール1ストライクとボールが先行するも、5球目のストレートでファウルにすると、最後は150キロのアウトコースストレートで見逃し三振に仕留めた。

 20日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本シリーズ第1戦 オリックス−ヤクルト』で解説を務めた江本孟紀氏はアウトコースの重要性について「2球助かるんですよ。初球外角低めで1ストライクとって、追い込んで最後に外角のストレートで8割方抑えられる。ピッチングの基本ですよ。最近のピッチャーは基本をやらないからね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)