◆ 「本当に苦しかったと思う」と労いの言葉も

 「SMBC日本シリーズ2021」の第6戦が27日にほっともっとフィールド神戸で行われ、ヤクルトが2−1で勝利。

 延長12回までもつれる激闘を制し、2001年以来で20年ぶりの日本一を達成した。




 連日の大接戦で一人のヒーローを決めるのが困難な戦いを終えて、シリーズMVPに選出されたのは中村悠平だった。

 ツバメの扇の要として全試合でマスクをかぶり、バットでも打率.318、3打点をマーク。初戦では山本由伸から適時打を放つなど、強打者が並ぶ打線の中でも存在感を放った。

 27日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』でも、最高殊勲選手に輝いた中村の働きぶりには賞賛の声が並んだ。



 解説者の齊藤明雄氏は「本当にこのシリーズは苦しかったと思う」と、連日の大接戦の中でピンチを守りながら、打つ方でも貢献した男を労う。

 つづけて、「ピッチャーを勇気づけるような、『自信持ってサイン通り来い!』というようなリードをしていた」と、負けられない戦いの中で投手たちを引っ張っていた姿を讃える。

 MVPインタビューでは笑顔も見せつつ、最後はこらえきれず涙がこぼれたシーンについても、「去年はあまりゲームに出られなかったというのがあったと思う。今年の戦いが自信になって、嬉し涙が出たんじゃないですかね」と語った。


 同じく番組に出演した江本孟紀氏も、「かつての野村克也さんの捕手論みたいなものがあって、その考えを受け継いできている。本当に成長したと思う」と、名捕手の名前を挙げながら絶賛。

 チームと同じように苦しさを味わいながら、そこから這い上がって絶大な信頼を得た扇の要を讃えた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2021』




【動画】延長12回の死闘の末に…20年ぶり!歓喜の瞬間
🐧日本シリーズ🐃

🎦 @nhk_baseball
📝 20年ぶりの歓喜!#swallows #bs2021 #日本シリーズ pic.twitter.com/8FyDMbYGJJ— ベースボールキング⚾🥎 (@BaseballkingJP) November 27, 2021