○ ブレーブス 5 − 1 カブス ●
<現地4月28日 トゥルーイストパーク>

 右膝の前十字靭帯断裂で離脱していたブレーブスのロナルド・アクーニャ・ジュニア選手(24)が現地時間28日(日本時間29日)、本拠地で行われたカブス戦でメジャー復帰を果たした。

 昨年7月のオールスター直前、フェンス際でジャンピングキャッチを試みた際に負傷したアクーニャは、約9カ月にも及ぶリハビリを経て4月19日のマイナー戦で実戦復帰。3Aで6試合の調整を経て、292日ぶりにメジャーの舞台に帰ってきた。

 この日「1番・右翼」で先発出場したアクーニャは、第3打席まで快音がなかったものの、1点リードの7回に鈴木誠也が守る右前へ落とし復帰後初安打。併殺崩れで塁上に残った直後に決めた5回の重盗に続き、7回も一・三塁から二塁を陥れ、いきなり2盗塁と全快をアピールした。

 ブレーブスは先発右腕・ライトが7回1失点と好投し、ライリー、スワンソン、デュバルによる一発攻勢で快勝。アクーニャの復帰戦を白星で飾り、今季初のカード勝ち越しを決めた。


【動画】復帰後初安打は鈴木誠也の前に!アクーニャ復帰戦で打って走って躍動
What? Like it's hard?

In his first game since July 10th, @ronaldacunajr24 collects a hit and 2 SB.

(MLB x @HankookTireUSA) pic.twitter.com/lPl6XN0J6C— MLB (@MLB) April 29, 2022