● 中日 1 − 2 西武 ○
<2回戦・バンテリンドーム>

 中日は今季初の7連敗。4カード連続の負け越しが決まり、借金は今季ワーストを更新する6となった。

 中日は初回、先頭の岡林が三塁打で出塁し、続く鵜飼は中犠飛。フレッシュな1・2番の働きで幸先良く先制した。しかし、2回以降は西武先発・與座に苦戦。7回以降はリリーフ陣に封じられ計4安打で敗れた。

 この日は3番・大島、4番・ビシエド、5番・阿部、6番・高橋周が揃って4打数無安打。頼みの中軸が封じられ、2回以降は得点できなかった。

 先発の髙橋宏は6回4安打2失点の力投も3敗目(2勝)。8回以降は登板間隔が空いていたロドリゲス、R.マルティネスを投入しゼロを並べたが、勝ちパターンの無失点リレーも実らず1点差で敗れた。