○ 広島 6 − 3 日本ハム ●
<3回戦・マツダスタジアム>

 日本ハムは5回の一挙6失点が響き逆転負け。1勝2敗で交流戦2度目のカード負け越しを喫した。

 今季6勝目を目指す先発・伊藤だったが、3回に痛烈なライナーが右すね付近を直撃。治療のため一旦ベンチに下がったが、再びマウンドに上がり4回までゼロを並べた。

 しかし1点リードで迎えた5回、先頭の9番・九里、続く野間に2者連続四球を与え交代。2番手・古川侑を挟み、一死満塁から3番手・鈴木健に火消しを託したが、右腕は4番・マクブルーム、5番・坂倉に2者連続押し出し四球を与えて逆転を許すと、二死満塁で7番・宇草には押し出し死球。続く中村奨には右越えの3点適時二塁打を浴び、日本ハムはこの回一挙6失点となった。

 打線は広島を大きく上回る11安打を放つも得点は3止まり。5回途中2失点の伊藤は今季4敗目(5勝)を喫し、交流戦での黒星は2年目で初めてとなった。