◆「フォーク」の精度にあっぱれ!

 中日の髙橋宏斗は4日、本拠地でのソフトバンク戦に先発し6回5安打2失点、1四球10三振と好投。打線の援護と噛み合わず今季3勝目はお預けとなったが、チームの勝利に貢献する投球を披露した。

 初回に1点の援護をもらい、4回に中村晃に同点適時打、続く5回に周東佑京、渡邉陸の連続長打で逆転を許したが、自己最多の2ケタ10奪三振をマークするなど、持ち味を発揮してゲームメイク。今季7度目の先発登板で4度目のクオリティースタート(6回以上自責点3以下)を果たした。

 4日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の五十嵐亮太さんは、「まっすぐも150キロ前後出ていましたし、コースに投げ込めているのと、フォークボールも本当に良かったです。空振りを取るフォークもあれば、カウントを取るフォークもある。バッティングカウントで真っ直ぐを投げたいところなんですが、そこでフォークを投げたり。序盤はフォークボールにソフトバンク打線が苦戦したと思います」と髙橋宏の投球を高評価。

 続けて、「ちょっと走者を出してからボールが高く浮き出したり、2ストライクに追い込んでから甘く入ったボールを打たれたこともあった」と課題を指摘しつつも、「経験していって次どう生かすかが大事になってくる」と、実戦の中での失敗が成長の糧となると強調した。

 一方、同じく番組に出演した高木豊さんは、髙橋宏の投球を「やんちゃ」と表現。「感情が表に浮き出してくるというか…。これが出なくなってくると、安定して勝てるようになると思う」と話し、「いまは“やんちゃ”でいいですけど、少しずつそういうことも意識しながらやっていくと勝ち星を挙げられるかなと思います」と19歳のホープにアドバイスを送った。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』