○ オリックス 6 − 1 ヤクルト ●
<1回戦・京セラD大阪>

 ヤクルトは敵地に乗り込んだカード初戦を落とし、連勝が「4」でストップ。交流戦では9勝4敗とし、他球場で勝利した阪神に首位タイに並ばれた。

 ヤクルトは先発のサイスニードが3回に9番・伏見寅威、1番・福田周平に連続長打を許し先制点を献上。その後も3番・中川圭太の適時打で2点目を失い、1点差とした4回にはイニング先頭の5番・マッカーシーに右翼席上段に飛び込むソロホームランを被弾。続く5回も集中打を浴び、4回2/3を投げて11安打、6失点でノックアウトされた。

 援護したい打線は2点ビハインドの4回に押し出し四球で1点を返すも、なおも一死満塁のチャンスで6番・太田賢吾が遊ゴロ併殺に倒れ、相手先発・山岡泰輔を崩しきれず。打線は3番から7番までがノーヒットと繋がりを欠き、6安打1得点に終わった。

 今季はサイスニードが登板した試合は8戦無敗と“不敗神話”が続いていたが、投打ともにオリックスに及ばず完敗。セ・リーグ単独首位の座はキープしているものの、6連勝と勢いに乗る阪神に交流戦首位タイで並ばれた。


【動画】サイスニードが痛打浴び今季初黒星…オリックス戦ハイライト