9日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 西武−巨人戦』で解説を務めた真中満氏が、西武の滝澤夏央について言及した。

 育成ドラフト2位でプロ入りし、5月に支配下登録を勝ち取った高卒ルーキーは、故障で離脱した源田壮亮に代わりショートでスタメン出場する。同日の巨人戦も『9番・遊撃』でスタメン出場し、3回の第1打席にセンター前に安打を放ち、呉念庭の犠飛に繋げた。

 真中氏は滝澤について「足もあるし守備も上手ですし、バッティングもコンパクトで非常にセンスを感じますよね」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)