16日に放送された『ショウアップナイタープレイボール』に電話出演した谷繁元信氏が、首位を走るヤクルトについて言及した。

 ヤクルトは交流戦でパ・リーグ全球団に勝ち越して優勝を果たし、現在2位・巨人に7ゲーム差をつけて首位を独走する。

 谷繁氏は「数字的にいうとかなり優位に立ちました」と話しながらも、「(残り)80試合くらいありますから、まだ油断はできないですね」と語った。

 リーグ連覇を目指すうえでキーマンについて谷繁氏は「ヤクルトでいうと後ろのピッチャーだと思いますね。特にマクガフですね」と守護神・マクガフの名前を挙げた。

 「マクガフが怪我であったり、状態を落とした時に少し不安材料になる可能性があると思うんですよね。後半、マクガフの状態が悪いにしても、(一軍に)いるとなると、かなり優位じゃないかなと思います」と、守護神が離脱することなく投げ抜くことができれば、ヤクルトの連覇が堅いと見ているようだ。

(ニッポン放送ショウアップナイター)