○ ソフトバンク 3x − 1 楽天 ●
<7回戦・PayPayドーム>

 サヨナラ勝ちのソフトバンクが首位に浮上。楽天は打線が計3安打と振るわず、連敗で2位に後退した。

 楽天は先発の辛島が6回途中4安打1失点と好投。しかし、打線がソフトバンク先発・大関の前に8回までわずか1安打と沈黙した。それも0−1で迎えた9回表、抑えのモイネロに対し3つの四球で二死満塁の好機を作ると、5番・銀次が左前適時打を放ち土壇場で試合を振り出しに戻した。

 延長に入った10回表も一死二塁の好機を作ったが、代打・鈴木大が投ゴロに倒れたあと、途中出場の田中和は空振り三振。勝ち越しのチャンスを逃すと、その裏に松井裕がサヨナラ2ランを浴び、守護神は今季2敗目(1勝16セーブ)を喫した。