◆ 記録は「左邪飛」

 楽天生命パークで行われている26日の楽天−西武で思わぬ珍事が発生した。

 西武の2点リードで迎えた6回裏、イニング先頭の1番・茂木栄五郎が左翼ファウルゾーンへ飛球を放ち、左翼手のオグレディが捕球を試みたが、この打球を観客席からグラブを差し出したファンが捕球。オグレディは捕球を妨害されたとしてすぐさま審判にアピールし、三塁塁審の栁田はアウト判定を下した。

 その後、場内のマイクで栁田審判員は「観客の妨害があったのでアウトとして、1アウト走者なしとして再開します」と説明。茂木の打席の記録は「レフトファウルフライ」となった。