○ イースタン 7x − 4 ウエスタン ●
<フレッシュオールスター・長崎>

 23日に長崎ビッグNスタジアムで開催された『プロ野球フレッシュオールスターゲーム2022』は、イースタン選抜が9回サヨナラで2年連続勝利を収めた。

 試合はウエスタン選抜の1番・遠藤成(阪神)が達孝太(日本ハム)から先頭打者ホームランを放つなど、優位に試合を進めていたが、イースタン選抜が5回、6回と相次ぐバッテリーミスを突いて同点に。

 4−4で迎えた9回裏二死一・二塁の場面で、6回から途中出場していたヤクルトの育成2年目・赤羽由紘が左翼席へサヨナラ3ランホームランを放ち試合を決めた。

 勝利投手は9回表を無失点に抑えたイースタン9番手の宮森智志(楽天)。敗戦投手は最終回に決勝弾を浴びたウエスタン9番手の大道温貴(広島)となった。 

 劇的な決勝弾を放った赤羽は最優秀選手賞(MVP)を受賞し、賞金100万円をゲット。昨年の内山壮真に続いてヤクルト勢が2年連続で大会MVPに輝いた。

 また、優秀選手賞は先頭打者本塁打を放ったウエスタン選抜の遠藤成(阪神)と、4安打2盗塁をマークしたイースタン選抜の梶原昂希(DeNA)。両選手には賞金50万円が贈られる。


【実際の動画】打った瞬間の劇的アーチ!ヤクルト赤羽がサヨナラホームラン<フレッシュ球宴>