日本ハム 3 − 3 ソフトバンク
<18回戦・札幌ドーム>

 ソフトバンクは序盤に3点を先取するも今季2度目の引き分け。同率だった2位・楽天がロッテに勝利したため3位に後退した。

 初回、1番・周東が日本ハム先発・杉浦の初球ストレートを右翼席へ。今季4号は自身初の先頭打者アーチとなった。3回は2本のヒットと野戦で無死満塁とし、5番・牧原大の右前適時打で2点を追加。杉浦を早々とノックアウトした。しかし、なおも無死一、二塁の好機で、二走・デスパイネが捕手の牽制に刺され走塁死。その後、再び一死満塁としたが後続が倒れた。

 先発のレイは3点リードの5回、内野ゴロの間に1点を返されると、なおも二死二塁で2番・万波に同点となる2ラン被弾。5回3安打3失点で降板した。

 6回以降は松本、嘉弥真、津森、藤井、モイネロ、椎野、甲斐野、泉の8投手が無失点リレー。救援陣が踏ん張ったものの、攻撃陣は4回以降無得点に終わった。