● ヤクルト 5 − 9 巨人 ○
<19回戦・神宮>

 5日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、巨人・中山礼都が5回に放ったレフト前の安打について言及した。

 中山は3−1の5回二死走者なしの第3打席、ヤクルト先発・小川泰弘が2ボール2ストライクから投じた外角のフォークをうまく合わせ、レフト前に落とす技ありの安打を放った。

 野村氏は「アウトローに落ちるフォークボールなんですけど、それを我慢しながら左手を返さずにポンっとテニスラケットで打ち返すような、そんなイメージでいい打球を打ちましたね」と評価。

 「ボールの真ん中捉えるので、ああやってヒットになるんでしょうね。それがボールの上っ面でしたらサードゴロでしょうし、下に入るとフライアウトになってしまう。それだけボールを見られているということだと思いますね」と解説した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)