○ 広島 6x − 5 阪神 ●
<17回戦・マツダスタジアム>

 広島が3点を追う9回裏に一挙4得点。劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。これが後半戦初勝利。今季ワーストだった連敗を「7」で止めた。

 先発のアンダーソーンは2回に3安打を集中され先制されると、3回も連打と四球で無死満塁のピンチを招き、内野ゴロと犠飛の間に2失点。3回までに7安打を許し、その裏の攻撃で代打を送られ降板となった。4回は2番手の藤井が二死から2失点。序盤で5点ビハインドを背負ってしまった。

 打線は今季初勝利を目指す阪神先発・藤浪の前に3回まで無得点。4回は無死一、三塁の好機を作ったが1点しか返すことができなかった。7回は1番・野間の3安打目となる適時内野安打で2点目を奪ったが、3ビハインドで9回を迎えた。

 それでも最終回に劇的な展開が待っていた。阪神守護神・岩崎に対し7番・小園、8番・會澤の連打で無死一、二塁の好機を作ると、代打・上本の二塁内野安打に敵失が重なり2点差。続く野間は空振り三振に倒れたものの、一死二、三塁で2番・菊池涼の遊ゴロを阪神・中野が捕球ミス。打球が中前に達する間に同点となる2者が生還した。

 なおも一死二塁で、3番・秋山が右前適時打を放ち劇的な逆転サヨナラ勝ち。9回表を無失点に抑えた5番手・一岡は4年ぶりとなる白星を手にした。

 試合後、お立ち台に上がった秋山は「つてないで、こういう展開で回ってきてラッキーでした」と笑顔。「ピッチャーも頑張ってくれていましたし、一人でひっくり返せるもんじゃないので、先頭のつなぎから、一人ひとりが粘った結果だと思います」とチーム一丸での連敗ストップを強調した。

 原爆の日の『ピースナイター』で劇的な逆転サヨナラ勝利。「広島の皆さんにとっては大切な日というか、忘れられない日だと思いますし、僕も外から来た人間ですけど、野球ができていること、応援してもらえることをこれからも心に秘めて、皆さんとともに、この日を忘れずにやっていきたいと思います」と話した。