● ヤクルト 4 − 7 巨人 ○
<21回戦・神宮>

 ヤクルトの先発・原樹理は5回・77球、4安打、2失点で降板した。

 原は初回簡単に2アウトを奪ったが、3番・丸佳浩、4番・岡本和真に連続本塁打を浴び2失点。2回以降は粘りのピッチングで5回・2失点と試合を作った。

 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた真中満氏は原樹理の5回降板に「(6回は)一発を打たれている丸からですし、高津監督の判断は妥当だと思いますね」とコメント。

 また、真中氏は原のこの日の投球については「立ち上がり2本のホームランを打たれたなかで、5回までなんとか粘れましたよね。本人としては6回、7回もいきたいところでしょうけど、今日の内容だと勝ち投手の権利を得る5回までで十分かなという気がしてしまいますね」と振り返った。

 試合後にも真中氏は原について「原が6回、7回ともう少しイニングを投げていると、終盤のゲーム展開も少し変わったのかなという気がします」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)