● ヤクルト 4 − 7 巨人 ○
<21回戦・神宮>

 首位・ヤクルトが、巨人に4−7で敗れ同一カード3連敗となった。

 先発・原樹理が初回に丸佳浩、岡本和真に連続ソロ本塁打を浴びたが、4回にサンタナの第11号満塁本塁打で逆転に成功する。原は5回2失点で降板すると、6回に登板した久保拓眞は無失点に抑える。

 しかし、7回に登板した梅野雄吾が大城卓三に一発を打たれると、代わった田口麗斗も吉川尚輝に2点適時三塁打、ウォーカーに適時打を浴び、この回4点を失い逆転を許した。8回に登板した木澤尚文も失点し、終盤リリーフ陣が踏ん張れず敗戦した。

 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた真中満氏は敗れたヤクルトについて「序盤リードしながらの終盤、中継ぎが打たれての敗戦ですからね。嫌な負け方ではありますけど、これからでしょうね」と話し、「梅野、田口が打たれたという部分は痛いところではありますね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)