● ヤクルト 4 − 7 巨人 ○
<21回戦・神宮>

 7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた真中満氏が、7回のヤクルト・山田哲人の守備について言及した。

 真中氏が指摘したのは、4−3の7回一死一、二塁から巨人・吉川尚輝が放った打球に対してのセカンド・山田の守備。吉川が放った鋭い打球は、セカンド・山田が捕球するかと思われたが、山田の横を抜けていき右中間を転々としている間に二者の生還を許した。

 真中氏は「山田も逆シングルでいくか迷ったんですよね。反応が良ければ、捕れていてダブルプレーの打球でしたよね。山田には厳しいようですけど、さばいて欲しい打球でしたね」と厳しかった。

 それでも、真中氏は試合後には「あそこをなんとか止めてくれると、ちょっと変わったかなという気がするのでね。僕は山田と一緒にやっていますので、なんとか止めて欲しかったなという思いです」と思いやった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)