● 阪神 1 − 7 巨人 ○
<23回戦・甲子園>

 3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 阪神−巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏が、巨人先発・メルセデスの降板について言及した。

 メルセデスは1−0の4回一死走者なしから近本光司に同点の一発を食らうと、二死後、大山悠輔にレフト前に運ばれたところで、原辰徳監督が球審に投手交代を告げる。ここでメルセデスは降板となった。

 この交代に田尾氏は「この代えられ方は僕がピッチャーだったら辛い。これはかわいそうですね」とメルセデスを思いやった。一方で「監督の気持ちからしたらわかりますよ。どうしてもこの試合に勝たないといけないんだというね」と監督目線で交代しなければいけない難しさについても語った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)