3日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 阪神−巨人戦』で解説を務めた田尾安志氏が、ヤクルトの村上宗隆について言及した。

 村上は令和初となる三冠王に向けて打率、本塁打、打点ともに現在リーグトップの成績を残す。さらに3日の中日戦で3安打し、安打数でも近本光司(阪神)と並びリーグトップタイに浮上した。

 田尾氏は村上について「すごいスイングができるバッターはいない。外の球を左中間にもともと打てるんですが、インサイドの球をね、あの形からどちらかというと右腕が伸び気味ですよね。あの位置からきっちりインサイドを芯で捉えるのは難しいんですよ。それができるバッターなんです」と絶賛した。

 また、村上の三冠王の可能性について田尾氏は「十分可能性がありますよね」と話し、「それとチームが優勝を争っていると気持ちが張ったなかでゲームができる。これが良いんですよ。四球でもチームに貢献できるということですからね。Bクラスだとそうは思わないんですよね」と自身の見解を述べた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)