○ オリオールズ 9 − 6 ブルージェイズ ●
<現地時間9月6日 オリオール・パーク>

 ブルージェイズの菊池雄星投手(31)が6日(日本時間7日)、敵地で行われたオリオールズ戦で救援登板。2/3回で1点を失い、リリーフで2試合連続失点となった。

 相手はポストシーズン進出を争う同地区4位のオリオールズ。菊池は4−5と1点ビハインドの6回、一死無走者の場面で登板した。最初に対した8番・オドルは追い込んでからスライダーを振らせ三振に仕留めたものの、続く9番・マテオに左中間突破の三塁打を許し二死三塁のピンチ。1番・マリンズには初球を右前へ弾き返され、二死からの連打で1点を失った。

 最後は2番・ラッチマンを右飛に退け、2/3回で2安打1失点。2回1/3で1失点だった3日(同4日)のパイレーツ戦から2戦連続失点となり、防御率は5.38となった。

 現在ワイルドカード3位のブルージェイズは、投手陣が9点を失い連勝は「5」でストップ。上位のレイズとマリナーズとの差を詰めることはできず、4位のオリオールズとのゲーム差は再び3.5に縮まった。