○ 巨人 18 − 3 DeNA ●
<18回戦・東京ドーム>

 巨人の吉川尚輝が7日、2試合連続となる第7号ソロを含む5安打放った。

 吉川は1−0の2回一死走者なしで迎えた第1打席、DeNAの先発・濵口遥大が2ボール2ストライクから投じた5球目のチェンジアップを捉えると、右中間スタンド最前列に飛び込む一発となった。

 この本塁打に7日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人−DeNA戦』で解説を務めた井端弘和氏は「体に力はありますよね。年々、力はついてきたなというところです。吉川選手は悪かったら足がついたときに、体がピッチャーに正対してしまう。打つまで開かないように右肩を我慢しましたよね。ついたときにちょっとピッチャーの方に向いちゃうんですけど、ついても肩がピッチャー方向に向いていなかったので、それだけ回転がきく。打球が飛びますよね」と解説。

 吉川は第2打席に中安、第3打席に中2で猛打賞を達成すると、6回の第4打席にライト前に安打を放った。井端氏は吉川の4本目の安打に「めちゃくちゃ嬉しいと思いますよ。良いあたりが3本続いたじゃないですか、ヒットもセンター前も綺麗に打ちましたし、あまりあたりはよくないけどヒットコースに飛んでヒット。嬉しいですよね。1本ああいうあたりでヒットになるのは嬉しいと思いますね」と話した。

 勢いの止まらない吉川は、7回の第5打席に一塁の横を破る安打で、1試合5安打を達成。井端氏は「なんとなく5安打打った記憶を辿ると、5安打目が出そうな感じがしましたよね。打っているときには、5本目出るかなと思って打席に立っていましたよね」と自身の現役時代の経験を明かした。

(ニッポン放送ショウアップナイター)