◆ フェン直打で二塁走者が生還できず

 オリックスは最下位の日本ハムを相手に痛い2連敗。試合終盤には走塁ミスで絶好機を逃し、1ゲーム差で追いかける首位ソフトバンク、2位西武と再び0差に詰め寄るチャンスを逃した。

 試合の分岐点になったのは、2−3のオリックス1点ビハインドで迎えた8回表。先頭の1番・福田周平から始まる好打順で無死一・二塁のチャンスを作り、3番・吉田正尚が強烈な右翼フェンス直撃打を放ったものの、二塁走者の福田が右翼手・万波中正のフライキャッチを装うフェイクプレイに騙されたのか、本塁まで生還できずに三塁でストップ。

 なおも無死満塁と絶好機は続いたが、頓宮裕真と宗佑磨がリリーフ右腕・井口和朋の前に連続三振に倒れ、安達了一も右飛で凡退。同点機を打球判断ミスで逃し、一打逆転のチャンスで中軸にあと1本が出なかった。

 7日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の大矢明彦さんは、8回無死一・二塁から二走・福田が右翼フェンス直撃打で生還できなかったプレーについて、「打った吉田が塁上に行ったときに『なんで還ってないの?』っていうような顔もしていた。これは判断がまずかったかな」とコメント。

 同じく番組に出演した阿波野秀幸さんも「ノーアウト一・二塁なので二塁ランナーはタッチアップ優先なんですけど、(右翼手の)万波の仕草を見てあれ?って思った。野手の動きを見すぎてしまったのか…やっぱり痛いですね。あそこで1点とれていれば」と、同点機を逃したオリックスの攻撃を振り返った。

 試合後には中嶋聡監督が「なんとも言いようがないですけど、ミスはミス」と話しており、大矢さんも「正直、今日は(オリックスが)勝っていた試合。かなり痛い試合であることは間違いない」と話す痛恨の黒星。8日から西武、ソフトバンク、楽天と上位対決が続くオリックスにとっては、最下位チームを相手に手痛い“取りこぼし”となってしまった。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』


【実際の動画】万波にダマされた!正尚ガックリ…二塁走者がフェン直打で生還できず