● ヤクルト 7 − 15 広島 ○
<23回戦・神宮>

 10日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−広島戦』で解説を務めた若松勉氏が、ヤクルトの見えないミスについて言及した。

 1−2の3回二死満塁で野村祐輔がライト前に放ったサンタナの守備に若松氏は「ダイビングしていたら捕れますよ」とチクリ。

 2−12の4回一死一、二塁で長岡秀樹がライトフェンス直撃の安打を放つも、二塁走者の中村悠平が生還できず。二塁走者・中村の走塁に若松氏は「還ってこないとダメですよ。外野手が後ろ向いて走っているわけですからね。捕られたら戻ってもいいわけでね。あれだけ背を向けて走っていくというのは、完全に抜けた打球ですからね」と苦言を呈した。

 7−12の6回二死一、二塁の場面では、今野龍太が野間峻祥に投じた初球を暴投。一塁走者、二塁走者、それぞれ進塁を許し、野間に2点適時三塁打を浴びた。

 若松氏は「ミスが目立ちますね」と話し、試合後にも「ちょっと守備だとか、そういうところでもう少し勝ちに行くためには引き締めないとダメだとみんな思っていると思いますよ」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)