● 阪神 3 − 6 広島 ○
<22回戦・甲子園>

 3位・阪神の連勝は2で止まり再び借金3。4位・広島、ヤクルトに勝利した5位・巨人に1ゲーム差に迫られた。

 先発の青柳は3回まで無失点。4回は一死一、三塁で6番・小園を二ゴロに仕留めたが、併殺を狙った遊撃・中野が一塁へ悪送球。併殺崩れの間に先制点を許した。なおも二死二塁で、7番・磯村には中越えの適時二塁打を浴び2失点目。6回は無死満塁で三ゴロの間に3点目を奪われると、なおも一死二、三塁ピンチで8番・羽月に左中間突破の2点二塁打浴び計5失点となった。

 打線は拙攻が目立ち4回まで無得点。1点を追う5回は一死からの3連打で1点を返したが、なおも一死一、二塁の好機を逸した。5回までに8安打を放つも得点は1。5点を追う8回に2点を返したが、最後は前倒しで登場した広島守護神・栗林に封じられた。

 6回5安打5失点(自責点4)の青柳は3連敗となる4敗目(12勝)。これで8月から6試合連続未勝利となった。青柳のあとを受けた2番手・島本は1回無失点の好リリーフ。左腕はこれで初登板からの117試合連続無敗となり、球団新記録を樹立した。