● ヤクルト 7 − 9 巨人 ○
<24回戦・神宮>

 13日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−巨人戦』で解説を務めた宮本和知氏は、巨人・高梨雄平とヤクルト・村上宗隆の対決について語った。

 8−4の8回無死一塁で村上を迎えたところで、巨人ベンチは鍵谷陽平から左の高梨にスイッチ。高梨は村上に対し、ストレート系の球で2ボール2ストライクとすると、最後も144キロのシュートで中飛に打ち取った。

 宮本氏は「本当に見応えのある配球ですよ。全てまっすぐ系でいきました。(外のスライダーを)投げませんでしたね。しびれました。ジャイアンツのバッテリーは大したもんですよ」と高梨−大城卓三のバッテリーを褒めていた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)