15日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ロッテ−西武戦』で解説を務めた野村弘樹氏が、リーグ連覇を目指すヤクルトについて言及した。

 ヤクルトは現在2位・DeNAに6ゲーム差をつけて首位を走り、優勝マジックも「10」。リーグ連覇も目前だ。

 実況を務めた煙山光紀アナウンサーが「ヤクルトは優勝に近づいていると見てよいでしょうか?」と質問すると、野村氏は「もう問題ないと思いますね」と返答。

 ただヤクルトは高橋奎二、小澤怜史が新型コロナウイルス陽性判定を受け離脱するなか、16日からは10連戦だ。野村氏は「そこは心配ではあるんですけど、ゲーム差を考えれば問題がないかなという気がしています」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)