● 日本ハム 2 − 6 西武 ○
<24回戦・札幌ドーム>

 CS進出を目指す西武は敵地で日本ハムに勝ち2連勝。デーゲームに敗れた楽天をかわし、単独3位に浮上した。

 西武打線は4回二死一・二塁から9番・鈴木将平が一塁強襲の適時二塁打を放ち先制。5回には森友哉の左中間適時二塁打、栗山巧の右前適時打で2点を追加し、相手先発の池田隆英をノックアウトした。

 先発の松本航は6回まで日本ハム打線を1安打に抑えゲームメイク。追加点をもらった5回には三者連続三振を取り相手打線にリズムを渡さないピッチング。7回二死から連打を浴び1点を失ったところで降板したが、その後のピンチをリリーフ陣が好救援した。

  3−2と1点差に迫られた7回には、山川穂高と栗山の連続タイムリーなどで3点を加点。6回2/3を3安打8三振に抑えた松本が7勝目(6敗目)を手にした。

 この日の結果を受け、パ・リーグは首位のソフトバンクがマジック6。2位オリックスが首位と0差、3位に浮上した西武が同4差で追いかける構図。4位楽天は西武まで0.5差、5位ロッテが3位まで2ゲーム差に後退している。