○ ヤクルト 8 − 1 DeNA ●
<23回戦・神宮>

 ヤクルト・山田哲人が24日のDeNA戦で、セカンドの守備で魅せた。

 激しい雨が降るなか2−0の3回先頭の柴田竜拓が放った二塁ベース付近のゴロを、セカンド・山田が逆シングルで捕球し、一塁へ素早く送球しアウトにした。

 24日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター ヤクルト−DeNA戦』で解説を務めた江本孟紀氏は山田の守備に「今のでもワンバウンド目が速いじゃないですか。1回地面についた後、ビューっと放るので、山田はうまいですよね。反応がね。今のは難しいですよ、(打球の)速さが全然違うのでね」と絶賛した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)