【ワールドシリーズ第3戦】
● レイズ 2 − 6 ドジャース ○
<現地時間10月23日 グローブ・ライフ・フィールド>

 ア・リーグ王者レイズとナ・リーグ王者ドジャースによるワールドシリーズ(WS/4戦先勝・最大7試合制)第3戦が23日(日本時間24日)に行われ、快勝したドジャースが同シリーズの対戦成績を2勝1敗とした。レイズの筒香嘉智外野手(28)は代打で同シリーズ初出場。二ゴロに倒れ1打数無安打の成績だった。

 ドジャースは初回、ポストシーズンに入り元気のなかった3番・ターナーが左越えソロを放ち先制。ターナーは3回の第2打席でも左翼線を破る二塁打を放ち、続くマンシーの中前2点適時打につなげた。ワールドシリーズでの経験豊富なベテランは、三塁守備でも再三の好プレーを披露。3回はレイズの9番・ズニーノが放った鋭いゴロを見事なハンドリングで好捕し、素早い送球で併殺を完成させた。

 3点リードで迎えた4回は、9番・バーンズのセーフティスクイズなどで2点を追加。1点を返された直後の6回は、バーンズが中越えソロを放ち再び5点差とした。投げては先発のビューラーが6回3安打1失点の快投。4者連続含む10三振を奪うなど、レイズ打線を力で抑え込んだ。

 レイズは先発のモートンが5回途中7安打5失点と打ち込まれ今季のポストシーズン初黒星(3勝)。筒香は5点を追う8回、二死無走者の場面で代打で登場し、ドジャースの3番手右腕・グラテロルの前に二ゴロ。ポストシーズン通算での打率は14打数2安打で.143となった。

 5点を追う9回に左越えソロを放った3番のアロサレーナは、メジャータイ記録となるポストシーズン8本塁打目。同時に、自らが持つポストシーズンでの新人最多本塁打記録を更新した。