外野の残り1枠に向けて、元気いっぱいアピールを続ける佐藤直

 年男で迎える3年目に勝負をかける。2020年ドラフト1位で入団した佐藤直樹。2年目の昨季は一軍初出場を果たしたが、プロ初安打は生まれなかった。「3年目で勝負の年だと思っている。足の速い選手としてどんどん出塁できるように。代走、守備固めだけでなく、スタメンで出られるように、一番の課題である打撃を伸ばしたい」と誓った。

 飛躍への“足掛かり”は確実に築いてきた。ルーキーイヤーはウエスタン・リーグで失敗なしの20盗塁でタイトルを獲得。昨季は一軍に初昇格し、5月11日のロッテ戦(PayPayドーム)ではプロ初盗塁を記録した。一軍の舞台は「想像以上に緊張感があった」と振り返ったが、代走や守備固めとして出場機会を増やしていく。

 一方、バットでは11打席無安打。「センターのポジションを奪い取る」と激しい外野手争いを勝ち抜くには打撃面の向上が欠かせない。昨季二軍監督として指導を受けていた藤本博史新監督からも秋季キャンプでは「元気の面では佐藤が目立っている」と高評価を受けた。柳田悠岐、栗原陵矢に続く3人目の外野手にアピールを続ける。

 一軍には頼もしい背番号30の“先輩”もいる。昨季限りで現役引退した長谷川勇也打撃コーチは入団からの5シーズン、30を背負っていた。ともに二軍で苦しんでいた時期、ナイターを終えて午後11時ごろまで練習に付き合ってくれたこともあった。「人としても素晴らしい方」と尊敬し、番号を継ぐ者として恥ずかしいプレーはできない。年男の分岐点となるプロ3年目が始まった。

写真=湯浅芳昭