3年ぶりのAクラス入りにエース左腕の存在は欠かせない

 鉄仮面は崩れなかった。今永昇太はまだ、戦っている様子だった。「ここは僕たちのホーム(本拠地)ではないので、あまり大喜びしても……」。6月7日の日本ハム戦(札幌ドーム)で達成したノーヒットノーラン。プロ野球85人目、球団では52年ぶり、DeNAとしては初、そして敵地・札幌ドームでも初めての偉業だった。9回をわずか1四球、28人斬りの準完全試合。最後のアウトを取っても表情は変えず、相手を気遣うように控えめなハイタッチにとどめた。

「本当に勝たなきゃいけない。他を圧倒するような投球、成績を残す年にしないといけない」。一昨年10月に受けた左肩のクリーニング手術を乗り越え、昨年は2年連続の5勝。復活過程で手応えをつかみ、今季へ懸ける意気込みは相当だった。しかし、2月のキャンプ中に左前腕炎症で離脱。「チームを離れないこと」を大前提としただけに、痛恨のアクシデントだった。一軍復帰は5月6日の広島戦(マツダ広島)。ここまで10試合で4勝2敗、防御率2.88の仕事ぶりだが、大黒柱にとって満足できる成績ではないはずだ。

 首位・ヤクルトの独走を許しているものの、チームは勝率5割前後で奮闘。先発陣も大貫晋一、濱口遥大、石田健大、ロメロと駒がそろいつつあり、東克樹や上茶谷大河も新型コロナ陽性判定から復帰を目指している。今永自身も日本ハム戦から2連敗を喫したが、7月1日のヤクルト戦(神宮)で通算50勝をクリア。勝負所となる9月に29歳を迎える背番号21。絶対軸として投げ抜く。

写真=牛島寿人