就任1年目の23年は5位に終わったが、逆襲を誓う松井監督

 2年目の指揮となる松井稼頭央監督が選んだスローガンは「やる獅かない」だ。この言葉は若手主体で行われた昨秋季キャンプで掲げた「レベルアップ〜やるしかないやん〜」の下、「選手たちが、チームとしての課題解決のために自分で考え、自分の成長のために猛練に習取り組んでくれた」(松井監督)ことから、その姿勢をチーム全体にも浸透させたいとの強い思いが込められている。

 昨季はWBCで負傷した源田壮亮を開幕から欠いたことに始まり、予想外の困難の連続だった。だが、指揮官は「逆に、そこでチャンスを得る選手がいるわけやから」と、いたって前向きだった。そして、そのチャンスで経験を積んだ選手に今季は最も期待をかけている。児玉亮涼、渡部健人、西川愛也、長谷川信哉、蛭間拓哉、佐藤龍世、山村崇嘉など、いずれも逸材ぞろい。もともと、自身が二軍監督時代から指導している選手も多く、まいてきた種が芽吹き、いよいよ開花の時を迎えることを心待ちにしている。

 さらに、MLB通算10年で114本塁打の実績を持つヘスス・アギラー、昨季ヤンキースに在籍したフランチー・コルデロとクリーンアップ候補も獲得。課題の得点力改善へ向け、球団からも最大限のバックアップを得た。

 投手陣は、昨季2ケタ勝利の高橋光成、今井達也、平良海馬の先発3本柱に加え隅田知一郎、與座海人、松本航らもまだまだ伸び盛り。若干安定感を欠いた中継ぎも、甲斐野央、中村祐太、ジェフリー・ヤン、アルバート・アブレイユを補強し、厚みを増した。

「僕もチームも、今年が勝負」と話す松井監督が目指すのはメリハリのあるチーム。グラウンドに入ったら一瞬でスイッチが入る、プロの集団へと磨き上げていく。

写真=BBM