オープン戦で打率3割を大きく超える数字を残している石上

 神懸かりな猛アピールを見せた。ドラフト4位・石上泰輝が、沖縄・宜野湾のA班で迎えたキャンプからとにかく打ちまくっている。

 2月10日の紅白戦(宜野湾)に二番・二塁で先発出場すると、プロ初実戦でいきなりあいさつ代わりの3安打を放った。同18日のロッテとの練習試合(宜野湾)では中越えに2点三塁打。同23日のヤクルト戦(浦添)でも再び3安打をマークした。

 キャンプ終了後も勢いは止まらず、3月2日のソフトバンクとのオープン戦(北九州)では4打数4安打1打点の固め打ち。翌3日のオリックス戦(京セラドーム)では日米通算250セーブを誇る守護神・平野佳寿からオープン戦12球団新人1号となる右越え2ランを放ってみせ、三浦大輔監督も「躍動感あふれるプレーを毎日してくれ、期待値というか、楽しみが日に日に増している」と目を細めた。

 プロでは二塁、三塁でも起用されているが、大学時代の本職は遊撃手。チームでは昨年のスタメン最多起用が京田陽太の62試合と、固定できずにいる悩みのポジションだ。ベテランの大和、2020年ドラフト1位入団の森敬斗、2年目の林琢真らがその座を狙う中で、石上の台頭はチーム内競争の激化と戦力底上げに大きく寄与する。

 打撃のみならず、50メートル5秒9を誇る快足も自慢。昨季、総盗塁数33はリーグ最少で、盗塁成功率55.9パーセントもワーストと、長年走塁面を課題としてきたチームにとって貴重な新戦力だ。勢いに乗るルーキーは「今に満足せず、継続して打ち続けたい」と静かに闘志を燃やしている。

写真=BBM