本塁打の後、ナインに祝福される村田(右端の背中)

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか紹介していく。今回は3月15日だ。

 先日、栃木ゴールデンブレーブスへの入団が決まった元巨人の村田修一。2006年3月15日は、村田がプロ初のサヨナラホームランを放った試合だ。

 横浜スタジアムでのオープン戦、横浜─オリックス戦だった。この日、オリックスの中村紀洋、清原和博が初のアベック弾を放って球場を沸かせたが、10対9の激闘を締めくくったのは、横浜の村田だった。

 9回裏、1点のリードを許していた一死一塁で打席に入った村田は、オリックス・大久保勝信の初球、145キロ真っすぐをガツン。打球は大きく伸びて右翼スタンドに飛び込み、サヨナラ弾となった。

 村田にとってサヨナラ本塁打はプロ初。「オープン戦とはいえ、気持ちいいッス」と満面の笑顔を見せた。

 この試合、2回裏にもホームランを放っていた村田だが、3回裏二死満塁では三振。その後、4回表のサード守備の際、三走となった中村から「上体が突っ込み過ぎや」と指摘され、次の打席からは後ろに体重を残すように意識したという。

 七番だった村田は「シーズンは四番に座ります!」と宣言していた。

写真=高塩隆