11月1日から12日間、京セラドームで行われる第44回社会人野球日本選手権。決勝まで31試合、社会人の単独チーム日本一、2018年の年間王座決定戦が繰り広げられます。週刊ベースボールONLINEでは、社会人野球日本選手権にまつわるさまざまな情報や知られざる秘話を『JABA公式サポーター』が日替わりで発信していきます。本日は田中優美さんです。

ドラフト漏れの悔しい思い



西濃運輸・堀田晃

 10月2日、西濃運輸は日本選手権の初戦(対信越硬式野球クラブ)を2対1で勝利しました。接戦を制した、その力の源はどこにあるのでしょうか。

 まずは初戦で先発投手を任された、堀田晃投手。今秋のドラフト候補とされながらも、堀田投手は残念ながら指名されることはありませんでした。ドラフト会議翌日の練習では「チームに迷惑はかけられないので、何事もなかったように振る舞っていました」と話していましたが、本当は泣きそうになりながら練習していたそうです。それでも「悔しさを晴らすためにも活躍して、来年もう一度勝負をかけたいです」と、つらい経験をバネにして決意を新たにしている模様。

 そして、今大会の初戦で9回完投、毎回の10奪三振という圧巻の決意みなぎるピッチングを見せてくださいました。


西濃運輸・原田大輔

 もう一人、入社1年目の原田大輔選手も悔しさを胸に、この大会へ挑んでいるそうです。

 入社後すぐにスタメンの座を手に入れ、社会人になって初めての全国大会である都市対抗野球も、一番でスタメン起用された原田選手。順調なスタートを切りましたが、その都市対抗野球では4打席でヒットなし。チームも初戦敗退。原田選手は「社会人野球のレベルの高さを知りました。とにかく悔しかったです。都市対抗が終わってからは、ずっと日本選手権のことを考えて練習していました」と、全国大会への熱い思いを話してくださいました。

 目標は「まずは日本選手権で日本一、いつかプロ野球へ行きたいです」と言う原田選手。今大会で活躍し、さらに注目される選手となることに期待です。

 堀田投手、原田選手ともに、今大会で対戦したい相手として“ドラフトにかかった選手”を挙げていました。

 次回の対戦は新日鐵住金鹿島か三菱重工広島となります。どちらのチームにもドラフトにかかった選手が所属していますので、それぞれの気持ちを乗せて試合に挑む姿に注目です!

公式サポーター日本野球連盟YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC26D0n0-QuxyIghG0WqbN0A

PROFILE

左から成田沙耶加さん、豊島わかなさん、田中優美さん/写真=BBM

なりた・さやか●1990年7月30日生まれ。山梨県出身。ニックネームは「さやくま」。野球観戦歴は家族の影響で幼少時から。趣味は料理とスポーツ観戦、特技は健康食作り。

とよしま・わかな●1986年12月14日生まれ。愛知県出身。ニックネームは「豊ちゃん」。野球観戦歴は小学生のころから。趣味はラーメン屋巡り、特技は猫の爪切り。

たなか・ゆみ●1992年5月21日生まれ。神奈川県出身。ニックネームは「ゆーみん」。野球観戦歴は高校1年生のころから。趣味は動物とたわむれる、特技は脚が柔らかいこと。