激しい競争がチーム力をアップさせる。キャンプで注目されるレギュラー争い。各球団の、その現状を追う。

阪神タイガース



正二塁手争いをする上本(左)、糸原(中)

 昨季の開幕スタメンは、二塁が鳥谷敬、遊撃が糸原健斗だった。鳥谷と併用だった上本博紀は4割近い打率を残しながらケガで戦線離脱。その後、鳥谷の打撃不振もあり5月後半から二塁を糸原が最後まで守り抜いた。今季の遊撃手は成長著しい北條史也とベテランの鳥谷敬が争い、現在のところ、二塁は糸原と上本でレギュラーを競うことになる。

 新主将にもなった糸原は、是が非でもレギュラーの座をつかみたい。キャンプ2日目には志願して早朝特打を受けた。矢野燿大監督は「ちょっとオレらにアピールしてきたんちゃうん」と茶化しつつも、糸原の自覚を感じ取っている。次元の高いレベルでの二塁レギュラー争いが開幕まで続きそうだ。

写真=川口洋邦