二岡はプロ入り後、初めてお立ち台に立った

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1999年4月24日だ。

 東京ドームで行われた巨人対横浜は3対3の同点のまま9回裏二死となっていた。巨人の攻撃。一塁に元木大介がいたが、清原和博、高橋由伸を凡退させたマウンドの阿波野秀幸の調子からすれば延長の気配が濃厚だった。

 打席の二岡智宏も1ボール2ストライクと追い込まれたあと、外角高めに見せ球のストレートを投げられた。打者は次の読みが難しいところ。阿波野の5球目はスライダー。この球は予定どおり二岡を少し泳がせた。

 だが、打球はスコーンという感じで飛び出し、そのままレフトスタンドへ舞い降りて、ルーキーのサヨナラアーチという劇的な一打となった。セ・リーグ新人のサヨナラ本塁打は、同じ巨人の仁志敏久が96年8月16日のヤクルト戦(東京ドーム)で打って以来3年ぶりで、延べ17本目だった。

「詰まっていましたからね。どこに飛んで行ったのか分かりませんでした。自分で驚いています。ベースを回っているときも何も考えられなかった。もちろんホームでド突かれたのも覚えていません」と二岡はルーキーらしい初々しいコメントを残した。

写真=BBM