新元号「令和」が発表され、平成の時代が終わった。
 今回は、シリーズで平成元年の1989年から2018年まで、年度別にMVP、ベストナインを選んでいる。

 この手の企画では、いつも書いているのだが、あくまで編集部選定。異論反論は多いと思うが、ご容赦いただきたい。

 なお、当連載は土日は休み(ほか時々休憩)。

巨人が7年ぶりの日本一



日本シリーズ第5戦は阿部のサヨナラ弾で決めた


2009年(平成21年)
セ(1巨人2中日3ヤクルト4阪神5広島6横浜)
パ(1日本ハム2楽天3ソフトバンク4西武5ロッテ6オリックス)
※日本一は巨人

 2009年は、原辰徳巨人監督が指揮した日本代表が世界一連覇。決勝の韓国戦では、イチローの劇的な決勝打に日本中が沸いた。

 セでは、その原監督が“復帰”した巨人が前半戦を首位ターン。追い上げを見せたのは中日だったが、巨人はほぼ危なげなし。9月に入り、阿部慎之助が打ちまくって加速した。
 9月23日、中日を破って優勝決定。73年のV9以来36年ぶりのリーグ3連覇だった。
 ゴンザレス15勝、グライシンガー13勝、オビスポ6勝、クルーン1勝と外国人投手で35勝は史上最多だった。

 パでは梨田昌孝監督率いる日本ハムが全員野球で優勝。ダルビッシュ有は後半故障離脱もあったが、15勝で投手陣の軸となった。2位に入った楽天旋風も話題になったシーズンである。

 日本シリーズは4勝2敗で巨人が制したが、第2戦には、故障を抱えながらのダルビッシュの“巧投”もあった。

MVPは巨人のラミレス



打ちまくったラミレスは2年連続リーグMVPに


2009年(平成21年)
本誌選定MVP
ラミレス(巨人)
 186安打で首位打者にも輝き、優勝へけん引。8年連続150安打超え、7年連続100打点超えで通算1500安打も達成した。

ベストナイン
[先発投手]
ダルビッシュ有(日本ハム)   
23試合15勝5敗0S、防御率1.73
またも1点台で最優秀防御率。終盤故障もあったが日本シリーズで“魅せた”

[抑え投手]
武田 久(日本ハム)      
55試合3勝0敗34S、防御率1.20
中継ぎから抑えに回って開幕から20試合連続自責点0

[捕手]
阿部慎之助(巨人)
123試合120安打32本塁打76打点1盗塁、打率.293
32本塁打はリーグ2位。日本シリーズではMVPにも

[一塁手]
ブランコ(中日)        
144試合151安打39本塁打110打点1盗塁、打率.275
全試合に四番出場。本塁打王、打点王の2冠に

[二塁手]
田中賢介(日本ハム)
144試合163安打3本塁打49打点31盗塁、打率.283
選手会長となり一番打者として優勝へけん引

[三塁手]
小笠原道大(巨人)
139試合159安打31本塁打107打点2盗塁、打率.309  
相変わらずの勝負強さで107打点をマーク

[遊撃手]
中島裕之(西武)        
144試合173安打22本塁打92打点20盗塁、打率.309
リーグ最多の173安打。安定感増すミスターレオ

[外野手]
ラミレス(巨人)        
144試合186安打31本塁打103打点4盗塁、打率.322

鉄平(楽天)
132試合162安打12本塁打76打点13盗塁、打率.327
初の首位打者に輝き、本塁打、打点も自己最多

内川聖一(横浜)        
132試合160安打17本塁打66打点1盗塁、打率.318
WBCの疲労もあってか連続首位打者は逃すも実力証明
[指名打者]
山崎武司(楽天)        
142試合132安打39本塁打107打点3盗塁、打率.246
41歳で39本塁打、107打点は見事としか言いようがない