高校生、大学生の計5選手への競合を予想


 高校生と、大学生と社会人、それぞれ別々に行われていたドラフトが“一括開催”に戻って4年目となる平成23年、2011年のドラフトだが、週刊ベースボールではドラフト展望を初めて、高校生と、大学生と社会人、それぞれ2週にわたっての“分離開催”。前年に引き続いて有力選手の階層化を試みているが、これも別々に展開した。

 高校生では、1位での指名が重複すると予想していたのは超高校級スラッガーで東海大甲府高の高橋周平1人のみ。単独指名の可能性があるのは英明高の松本竜也、宮崎日大高の武田翔太ら2人の投手で、外れ1位の候補には足立学園高の吉本祥二、金沢高の釜田佳直、唐津商高の北方悠誠ら3人を挙げていた。

 一方の大学生、社会人では、4選手に指名が重複すると予想。東海大の菅野智之を筆頭に、明大の野村祐輔、東洋大の藤岡貴裕、慶大の伊藤隼太ら4選手で、伊藤を除く3選手は、いわゆる大学“BIG3”の投手だ。単独指名の候補は1人のみで、近大の中後悠平。外れ1位の候補には、東洋大の鈴木大地、日体大の辻孟彦ら2人を挙げていた。

“希望枠”なる“逆指名”が廃止されて5年目となるドラフトだったが、制度としてはなくなっても、若者たちに将来の希望があるのは変わらない。制度の廃止からも、希望の球団を明言し、それ以外の球団からの指名を牽制するケースも少なくなかった。この11年のドラフトで注目選手の筆頭だった菅野は、叔父が巨人の原辰徳監督で、“相思相愛”は誰の目にも明らか。巨人も早くから菅野の指名を明言しており、その指名、そして入団も確実視されていた。だが、長く遠ざかっていた感もあるドラフト特有の悪夢が菅野を襲う。

【2011年・12球団ドラフト1位】
ロッテ    藤岡貴裕
横浜     藤岡貴裕→松本竜也→北方悠誠
楽天     藤岡貴裕→武藤好貴
広島     野村祐輔
オリックス  高橋周平→安達了一
阪神     伊藤隼太
西武     十亀剣
巨人     菅野智之→松本竜也
日本ハム   菅野智之×
ヤクルト   高橋周平→川上竜平
ソフトバンク 武田翔太
中日     高橋周平
(→は外れ1位。×は入団拒否)

菅野は入団を拒否して浪人の道へ



クジで日本ハムが菅野の交渉権を引き当てたが……

 かつては“仕掛ける”ことが多かった印象のある巨人だが、この11年は菅野を指名する可能性を見せなかった日本ハムの“奇襲”を受ける。そして、抽選の惨敗が続いていた巨人は、またしても交渉権の獲得ならず。

 だが、日本ハムも菅野の決意を覆せなかった。会見では毅然としながらも、このドラフトで唯一、暗い表情を浮かべた菅野は浪人の道を選んだ。一方、野村は高校時代の地元チームでもある広島が単独指名に成功して、“凱旋”が確定。左腕の藤岡には最多の3球団が競合し、ロッテが交渉権を獲得した。

 そして予想どおり、高校生で唯一、指名が重複したのが高橋だ。藤岡と並ぶ3球団が競合し、中日が交渉権を獲得している。

 DeNAへの球団の売却で揺れていた横浜は藤岡を外して、松本を指名。菅野を外した巨人と再び競合し、ここでは巨人が勝者になる。横浜の球団譲渡が発表されるのは、その1週間後のことだった。

写真=BBM