昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

黒い霧でイニシャルから本名へ



表紙は巨人・長嶋茂雄


 今回は『1970年4月27日号』。定価は80円。

 1970シーズン開幕。13億円で改装された後楽園では巨人─中日戦が行われ、中日が新人・谷沢健一の2安打、新外国人バビーの満塁弾などで大勝した。

 悲惨だったのが雨で1日順延となった4月11日(初出修正)の西鉄─東映戦(平和台)。試合中からヤジが飛び交う中で西鉄が大敗。試合後、球場前をファンが占拠し、
「池永を出せ」「与田も出てこい」「もう八百長はたくさんだ」
 と罵声が飛び、選手たちはしばらく球場から出ることができなかった。

 これは開幕前に八百長事件を起こした永易将之が西鉄内で八百長に関与した者の名前を話し、当初はすべてイニシャルで報じられていたのだが、新聞が、
 池永正明、与田順欣、益田昭雄、村上公康、船田和英、基満男、田中勉と実名を出し、混乱状態となってたからだ。

 また、永易が八百長をした、と証言したのは以下の3試合。
 4月23日、ロッテ─西鉄戦(東京)、6月4日、近鉄─西鉄戦(日生)、7月29日、南海─西鉄戦(大阪)。
 成功したのは南海戦だけだったという。

 永易は自分は“主犯”ではなく、与田に頼まれてやっただけ、と発言。池永に関しては、田中に金を渡して接触させただけで、本当に八百長をしたかどうかは分からない、と言っていた。

 さらに永易と西鉄との金銭交渉に藤縄(別名藤田)という人物が介在しており、この男は賭博での逮捕歴があった。

 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM