実戦デビュー戦で強烈なアピールをした河野

 ネット裏の記者席からどよめきに近い声が響いた。新助っ人のビヤヌエバから伸びのある149キロのストレートで見逃し三振。日本ハム期待の即戦力サウスポーが初陣で強烈なインパクトを与えた。

 河野竜生。昨秋のドラフト1位で日本ハムに入団した社会人No.1左腕。キャンプはチームの方針でルーキー全員が二軍スタートとなったが、その持っている力はすでに一軍レベルにあることを証明した。実戦デビュー戦となった2月15日の日本ハムキャンプ恒例の一、二軍合同での紅白戦(国頭)。白組の先発を任された河野は打者3人から2三振を含む完ぺきなピッチング。石井一成ら一軍クラスのバッターにもほとんどバットに当てさせず、能力の高さを存分に見せつけた。

 試合後も「なかなか味わえない雰囲気の中で、集中して自分の投球がしっかりできた。一番の武器である真っすぐも通用したので手応えもあります」とルーキーらしからぬ落ち着きも見せ、さらに「(キャンプで)同部屋でもある後輩(吉田輝星)には負けたくないので」負けん気の強さも垣間見せた。

 登板を見守った栗山英樹監督も「新人のときは自分らしさを出せないものだけど、さすがに修羅場をくぐってきただけあって普通に投げていたよね。こちらの思っていたとおり」と絶賛。一発回答で来週早々の一軍昇格が濃厚な21歳が、チームに新たな風を吹き込み、開幕先発ローテ入りに名乗りを挙げた。

写真=BBM