一つのチームに同じ高校や大学の出身者が複数在籍することは少なくない。例えば、2018年の西武には大阪桐蔭高校出身の選手が4人いたこともある。では、今シーズンの「同じ高校・大学出身者が最も多く在籍するチーム」はどこなのだろうか?

トップは同校出身者が5人いるあのチーム……



広島・野村祐輔

 2020年2月14日時点での各球団の所属選手の出身校を調べ、「同じ高校・大学出身の選手」が多く在籍する順にまとめてみた。

●日本ハム、広島……5人

 同校出身者が最も多く在籍するチームは、日本ハムと広島が同数で並んだ。日本ハムは近藤健介、淺間大基、万波中正、樋口龍之介、高濱祐仁と、名門・横浜高の出身選手が5人在籍。杉谷拳士など帝京高の出身者が多いイメージのある日本ハムだが、実は横浜高出身者が最多なのだ(帝京高出身は4人)。

 広島は野村祐輔、中村奨成、白濱裕太、中田廉、上本崇司と、広陵高校の出身者が5人いる。地元の強豪校ということで、偉大なレジェンドである金本知憲(東北福祉大を経て入団)など、これまでにも多くの卒業生がカープに入団しており、現在も同校の卒業生が最多となっている。


巨人・亀井善行

●巨人、阪神、中日、ヤクルト、西武、楽天、ロッテ……4人

 巨人や阪神など7球団が「4人」で並んだ。巨人は亀井善行、澤村拓一、鍵谷陽平、鍬原拓也の中大と菅野智之、大城卓三、田中俊太、中川皓太の東海大出身選手が最多タイ。阪神は明大出身者が最も多く、糸原健斗、高山俊、荒木郁也、坂本誠志郎が同大学の出身。特に高山と荒木は日大三高から明大と、同じ道を歩んで阪神に入団している。

 中日は地元の名門校・東邦高の出身者が4人在籍。藤嶋健人、石川昂弥、丸山泰資、石田健人マルクが同校出身だ。ヤクルトは履正社高の出身者が最も多い。山田哲人はよく知られているが、それ以外では寺島成輝と宮本丈、中山翔太が履正社高の出身だ。

 西武は大阪桐蔭高……ではなく、実は富士大出身者が最多。外崎修汰、佐藤龍世、多和田真三郎、山川穂高の4人だ。この中で多和田と山川は高校も同じ中部商高。ちなみに、大阪桐蔭高出身は2018年までは4人で最多だったが、浅村栄斗がFAで楽天に移籍したため1人減って3人となっている。

 楽天は横浜高出身選手が最多。藤平尚真、下水流昂、渡邊佳明に加え、涌井秀章が新しく加入したためチーム最多の4人となった。ロッテは大阪桐蔭高出身者が最も多く、江村直也、香月一也、藤原恭大、福田光輝の4人が同校出身者だ。


ソフトバンク・松田宣浩

●DeNA、ソフトバンク、オリックス……3人

  DeNAは横浜高と法大の出身者が共に3人いる。横浜高は石川雄洋、乙坂智、倉本寿彦。法大は石田健大、三嶋一輝、三上朋也の3人だ。ソフトバンクは亜大の出身者が最多。松田宣浩、東浜巨、高田知季が亜大出身だ。

 オリックスは大阪桐蔭高、敦賀気比高、横浜隼人高の出身選手が各3人いる。大阪桐蔭高が澤田圭佑、中田惟斗、山足達也。敦賀気比高が吉田正尚、山田修義、山崎颯一郎。横浜隼人高が宗佑磨、佐藤一磨、左澤優となっている。

 同じ高校・大学の出身選手が多いチームを並べてみると、各チームの特徴が分かって面白い。例えば、広島と中日は地元の高校から多く獲得するチーム、巨人と阪神は大学出身選手に重きを置いているなど、差はわずかではあるが、チームの個性が見えてくる。また、横浜高と大阪桐蔭高の影響力がどれだけ大きいのかも如実に分かる結果となった。

 現時点では日本ハムと広島が最多だが、今後のトレード次第でその数が変わる可能性もある。補強期限を超えた段階ではどのように変動しているのかにも注目したいところだ。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM