一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

大揉めになったロッテ監督問題



表紙は巨人・堀内恒夫


 今回は『1970年12月7日特大号』。定価は90円。

 話は少しさかのぼる。
 前年、球団の赤字経営を打破するため、岸信介元首相の仲介でロッテ製菓と業務提携したオリオンズの永田雅一オーナーは、
「わし一人では経営的に疲れた。パートナーを探していたんだ。だが、わしの目が黒いうちはオーナーの座はだれにも渡さん。チーム売却なんて話はなかったし、今後もあるわけないよ」
 と話していた。

 この提携の際、岸元首相の敏腕秘書として知られた中村長芳が、球団経営の立て直しの手助けにと、オーナー代行に就いた。実際、中村は自身の人脈を使い、チケット販売に積極的に動き、赤字削減に成果をあげた。シーズン終盤には勝ち試合に報奨金を出すことを決め、優勝に向けたムードを盛り上げ、やり手と評判になっていた。

 ただ、永田との間には少しずつ溝が広がっていたらしい。

 きっかけは8月末だった。永田が次期監督に元南海・鶴岡一人に会い、監督就任を要請。このニュースに驚いたのは濃人監督、ナインだけではない。中村代行もまったく話を聞いておらず、「水くさいぞ」になった。

 以後、この監督問題が両者のわだかまりになっていく。
 永田はリーグ優勝した後もマスコミ、ファン受けの悪い濃人をとにかく代えたがったが、中村は「優勝した監督を代える必要はない」と強く主張していた。
 ただ、互いに遠慮もあったのだろう。2人がこの問題をじっくり話し合った気配はなく、マスコミに対し、互いの意見を発信し合う形になっていた。
 
 11月11日、スポーツ紙が濃人更迭をトップ記事に。永田は記者の「オーナー代行は留任だと言っていますが」の質問に対し、
「だれが何といっても最後の決断はわしが下すんだ。オーナーはこのわしなんだ」
 と声を荒げたという。

 当時の永田は、まず鶴岡、ダメなら青田昇、それもダメなら大沢二軍監督の昇格を考えていたらしい。
 だが、結局、岸元首相から「優勝監督をクビにするのは」と言われ、断念。当然、中村が岸に頼んで言ってもらったのだろう。

 11月14日の選手家族慰安会であいさつに立った永田は、
「日本シリーズに惨敗したのは監督、コーチの責任ではない。もちろん、ナインの責任でもない。オーナーであるわしに勝ち運がなかったのだ。来シーズンこそツキが回ってくるだろう」
 監督問題への白旗。スポーツ紙では「退却ラッパ」と書いていた。

 永田は最後、「だれが監督になっても文句を言わずついてきてくれ。チームは一致団結してこそ力が出るんだ。協力してくれる人は手をあげてくれ」と言った。
 記事ではやるからには濃人についていってくれ、という解釈になっていたが、その後を考えると、「監督」を「オーナー」に変えたほうがしっくりくる。
 
 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM