「自分の野球人生の中でもビッグプレーです」



早大・瀧澤虎太朗は攻守走の3拍子がそろう好選手。大学卒業後の「プロ志望」を明言している

 一球入魂。

 1901年創部の早大野球部における永遠のモットー。球界では一般的に使われているが、同野球部の育ての親である初代監督・飛田穂洲氏が野球に取り組む姿勢を説いた言葉だ。大正、昭和、平成を経て、令和の時代も語り継がれる学生野球の父が残した教えである。

 昨春の早慶戦で、1球に集中し、体現したのが瀧澤虎太朗(4年・山梨学院高)だった。1点を追う4回表一死二、三塁。三塁走者・瀧澤は慶大バッテリーのスキを突いて、同点のホームスチールを成功させた。8回表にはバックスクリーンの左脇へ運ぶ特大の決勝ソロアーチ。瀧澤の足とバットにより、早大が令和初の伝統の一戦を制している。

 衝撃の本盗。カウント2ボール2ストライク。捕手からの返球を受け、5球目の投球動作に入る直前に猛然とスタートし、本塁へヘッドスライディングした。ロジンを手にするこの約3秒の間に、自身の50メートル走6秒0の脚力であれば「行ける」と判断したのだ。その「1球」を、見逃さなかったのである。

「(相手の)高橋佑樹投手(当時4年・川越東高、現東京ガス)を半年間、研究して、そういう場面がきたら行こうと思っていました。チームメートにも黙っていましたし、打席にいた四番の加藤さん(加藤雅樹、当時4年・早実、現東京ガス)にも言っていません。2人だけの秘密でした」

 瀧澤は一番打者である。三塁に進塁しているということは、チャンスでクリーンアップの場面。勝手なプレーはできないだけに、早大・小宮山悟監督だけには試合前に伝えていた。

「自分の野球人生の中でもビッグプレーです」

 同春は打率.362、2本塁打、8打点、5盗塁の活躍でベストナイン初受賞。さらなる飛躍が期待された昨秋だったが、開幕直前の故障が影響し打率.074と不本意なシーズンに終わった。

「あり得ない数字。もうこうはなりたくない」

追い求めるのは力強いスイング


 プロ入りをかけた学生ラストイヤー。首位打者を目標にしていた今春だったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、リーグ戦開幕は延期。8月開催を目指して準備(1試合総当たり方式の勝率で順位決定)が進められている。

「なんで自分の代なんだ? と思いましたが、活動自粛期間中も目標を見失わずに、限られた環境で練習をしてきました。自分の体と向き合ってトレーニングを積むと、6月の再開後は明らかに、動きが変わった実感があり、良い時間を過ごすことができたと思います」

 右投げ左打ちの外野手。抜群の打撃センスは早大の先輩であるヤクルト・青木宣親を彷彿とさせる。「振れないバッターでないと、上では通用しない」と、ソフトバンク・柳田悠岐、オリックス・吉田正尚の力強いスイングも追い求める。一発長打があり、トリプルスリーを狙えるポテンシャル。そして、何よりも、昨春のホームスチールのインパクトが強く「何かをやってくれそう!」という期待感がある。早大の伝統である、目の前の一球に魂を注入する瀧澤のプレーが早く見たいものだ。

文=岡本朋祐 写真=BBM