かつてはタイトルホルダーとして輝きを放った天才打者たちが、熾烈な競争社会のプロ野球で試練の時を迎えている。内川聖一、川端慎吾、長野久義、角中勝也はいずれも過去に首位打者を獲得しているが、内川、川端は開幕二軍スタートで、長野、角中は外野の定位置争いに奮闘している。「もう一花咲かせてほしい」とい願う野球ファンは多いのではないだろうか。
※通算成績、安打は昨年までの数字


ソフトバンク・内川聖一

・内川聖一(ソフトバンク) プロ20年目 通算2171安打
※昨年成績 137試合出場 打率.256、12本塁打、41打点
※通算成績 1977試合出場 打率.303、196本塁打、957打点

 打撃技術は球界トップレベルだ。横浜(現DeNA)在籍時の2008年に右打者最高打率.378で首位打者に輝き、ソフトバンクにFA移籍1年目の11年に打率.338で史上2人目のセパ両リーグで首位打者を獲得。18年には通算2000安打を達成した。昨年は一塁の守備で最高齢記録となる37歳でゴールデン・グラブ賞を獲得したが、打撃は不本意な成績に。今年は練習試合で結果を残せず、17年ぶりの開幕二軍スタートとなった。


ヤクルト・川端慎吾

・川端慎吾(ヤクルト) プロ15年目 通算1009安打
※昨年成績 37試合出場 打率.164、0本塁打、7打点
※通算成績 1003試合出場 打率.295、37本塁打、360打点

 すべての球種、あらゆるコースの球をヒットゾーンに飛ばす打撃技術は球界屈指。2015年に「攻撃的二番打者」で抜擢され、全試合出場で195安打を放ち、打率.336で首位打者を獲得した。しかし、17年2月に椎間板ヘルニアを発症。8月に手術を受け、18年以降も故障や打撃不振で出場数が減少。腰の状態が芳しくないため、今年の1月に2度目の腰を手術して2月の春季キャンプは不参加だった。完全復活を目指し、ファームで汗を流す。


広島・長野久義

・長野久義(広島) プロ11年目 通算1316安打
※昨年成績 72試合出場 打率.250、5本塁打、20打点
※通算成績 1281試合出場 打率.285、142本塁打、520打点

 ボールゾーンを安打にする技術が高く、広角に打ち分ける能力が高い。入団2年目の2011年に打率.316で首位打者、12年に173安打で同僚の坂本勇人とともに最多安打を獲得。巨人の主軸として長年活躍し、18年オフに広島から巨人にFA移籍した丸佳浩の人的補償で、広島へ電撃移籍した。移籍1年目昨季は72試合出場にとどまり、不本意な成績に。新天地に慣れた今年はレギュラー奪取で再び輝きを取り戻したい。


ロッテ・角中勝也

・角中勝也(ロッテ) プロ14年目 通算1067安打
※昨年成績 108試合出場 打率.258、8本塁打、48打点
※通算成績 1063試合出場 打率.286、54本塁打、445打点

 重心の低い構えから鋭いライナー性の打球をはじき返す安打製造機。2ストライクに追い込まれるとノーステップ打法で対応する。2012年に打率.312で独立リーグ出身では初の首位打者に。16年も打率.339、178安打で2度目の首位打者、初の最多安打のタイトルを獲得した。昨年は独立リーグ出身で初の1000安打を達成したが、17年以降は3年連続3割に到達できず。今季は外野の熾烈な競争を勝ち抜き、打率3割がノルマだ。

写真=BBM