ソフトバンク・柳田悠岐

 ソフトバンク・柳田悠岐が放つ驚愕のアーチが話題を読んでいる。通常、打った瞬間にホームランと分かる打球は引っ張った会心の当たりを指す。だが、柳田は違う。逆方向に力強い打球がスタンドインする。

 7月10日の楽天戦(PayPayドーム)で放ったサヨナラアーチは象徴的だった。シャギワの外角高めの直球を振り抜くと、フォロースルーの体勢のまま左翼席に飛んだ打球の行方を見守った。打った瞬間にベンチの選手たちも高々と拳を突き上げる「打った瞬間弾」だった。12日の楽天戦(同)も初回に相手右腕・石橋良太の外角低めの直球を再び逆方向のテラス席へ。決して簡単な球ではない。だが、振り抜いた瞬間に本塁打と確信させる打球だった。

 他球団のスコアラーは柳田のすごみをこう分析する。「逆方向に引っ張ったような打球を打つ。あり得ない弾道ですよ。左打者で逆方向にあれだけ飛ばせる選手は見たことがない。体勢を崩されても、こすった打球でもスタンドに届いてしまう。正直、状態が良いときの柳田は投げる球がない。投手には『柳田は別物だから打たれても自分の球を疑うな』と伝えています」。

 柳田の強みは広角に本塁打を打てることだ。自己最多の36本塁打を放った18年の打球方向を見ると、左方向が12本、中堅が8本、右方向が16本と偏りがない。ちなみに同年に47本塁打を放ってタイトルを獲得した西武・山川穂高は引っ張った左方向が36本、中堅が8本と全体の9割以上を占め、逆方向の右方向は2本のみと対照的だった。

 今季リーグトップの10本塁打を放っている楽天・浅村栄斗も、柳田と同様に逆方向に本塁打を打てるのが特徴だ。西武からFA移籍1年目の昨年は自己最多の33本塁打を放ったが、左方向が11本、中堅が5本に対して、右方向は17本と半分以上を占める。

 今季は例年より少ない120試合制だが、柳田、山川、浅村のタイトル争いは40本塁打を超える可能性が十分にある。柳田は昨年4月に「左半膜様筋腱損傷」で長期離脱し、38試合の出場にとどまっただけに、今季に期する思いは強いだろう。強引に引っ張らず、逆方向への「打った瞬間弾」が何本見られるかが、打撃の状態を図るバロメーターになるかもしれない。

写真=BBM