一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

大洋がハワイから新外国人獲得に動く



大洋時代(1期目)の野村収

 今回は『1971年11月1日号』。定価は90円。

 ロッテの大型移籍の続報もあった。
 シーズン最終戦で、江藤慎一が野村収との交換で大洋へ移籍と発表。
 その後、ロペスも外山義明との交換でヤクルトへ移籍した。
 江藤は首位打者、ロペスも3割打者とあって、ロッテ側が損と言われた、という話をした。
 ロペスは、「ボクのアパートのある赤坂から神宮は地下鉄で5分。ヤクルトには親友のデーブ(ロバーツ)もいるし、ハッピーだよ」と喜んでいた。さらに、
「江藤さんと大沢さんは年も近いし、性格も強気で似ている。だからお互いに反目し合ったんじゃないか。ミー? 僕がヤクルトに行ったのは、ミハラさん(三原脩監督)から強く望まれたからさ。それが理由のすべてだよ」
 いつも楽天的な男だった

 江藤を獲得した大洋が最初に狙っていたのは、東映の張本勲だったが、話が新聞に漏れ、大々的に報じられたことで、中部オーナーが「事前に漏れたトレードがうまくいった試しはない」とやめたという。
 その後、江藤にターゲットを絞り、投手を欲しがったロッテに対し、「平松(平松政次)、小谷(小谷正勝)以外なら」と言い、二軍監督時代から野村の才能に注目していた大沢啓二監督の希望もあり、野村と1対1が決まったらしい。
 前年4勝3敗ながら、将来性を買った、と言われれば、江藤を出したかったことを加味すれば分からないではない。
 ただ、ロペスと外山はどうか。二刀流で話題となった外山だが、ロッテの期待は左腕投手として。しかも、すでにヒジの故障に苦しんでいた。

 これもロペスの言葉。
「ボクとトヤマでつり合いが取れているとは思わない。エトーさんとノムラもそうだけど、これは選手だけのトレードと思えない。プラス・キャッシュじゃないかな」
 推測と断りつつ、金銭があったのではと話している。
 実際、ロッテが銀行に返済を迫られている大口の借金3000万円があり、それでなくとも赤字の球団への支出を減らしたがっている、というウワサもあった。
 高額年俸者の放出を進めるとなると、次のターゲットは間違いなく、榎本喜八と言われていた。

 また、江藤を獲った大洋は、次は外国人獲得に動く。交流のあったハワイ・アイランダースの関係者を日本に招き、成績不振のワーハスを引き取ってもらい、誰か代わりをくれないか、と打診。クレート・ボイヤーらの名前が出たが、「それならいらない」と一度、断ったらしい。
 これを聞いて、メジャー通は絶句していたはずだ。
 ボイヤー、メジャー通算1396安打ながら打撃は今一つだが、守備は一流の名三塁手。一言多い性格から干されてハワイでプレーしていた男だ。

 では、またあした。

<次回に続く>

写真=BBM