今季のセ・リーグ、パ・リーグ打撃ランキングを見ると、セはヤクルトの村上宗隆、パはソフトバンクの柳田悠岐などが複数のランキングで上位に位置している。しかし、三冠王への道は極めて険しい。どんなに能力があっても容易く達成することができない最強打者の称号。今回はこれまでに誕生した三冠王をあらためてまとめてみた。

これまでの三冠王を振り返る



ロッテ・落合博満

 日本プロ野球で三冠王はこれまでに7人誕生している。

中島治康(巨人/1938年秋)打率.361、10本塁打、38打点
野村克也(南海/1965年)打率.320、42本塁打、110打点
王貞治(巨人/1973年)打率.355、51本塁打、114打点
王貞治(巨人/1974年)打率.332、49本塁打、107打点
落合博満(ロッテ/1982年)打率.325、32本塁打、99打点
ブーマー(阪急/1984年)打率.355、37本塁打、130打点
バース(阪神/1985年)打率.350、54本塁打、134打点
落合博満(ロッテ/1985年)打率.367、52本塁打、146打点
バース(阪神/1986年)打率.389、47本塁打、109打点
落合博満(ロッテ/1986年)打率.360、50本塁打、116打点
松中信彦(ダイエー/2004年)打率.358、44本塁打、120打点

 初の三冠王は、1リーグ時代に巨人で活躍した中島治康だ。毎シーズンのように打撃タイトルを獲得していた中島は、1938年秋季リーグで打率.361、10本塁打、38打点を記録。いずれも2位を大きく引き離す圧巻の数字だった。ところが、記録達成当初は三冠という概念がなく、さらにシーズンは春・秋と別れていたため、長らく「初代三冠王」として公式認定されていなかった。しかし、1965年に野村克也が三冠王を獲得した際に中島の成績が見直され、公式に「日本初の三冠王」として認定されることとなった。


南海・野村克也

 史上2人目、戦後初となる三冠王は、上記の野村。球界屈指のスラッガーとして、毎シーズンのように最多本塁打や最多打点のタイトルを獲得していた野村だが、当時はライバルも多く首位打者のタイトルはなかなか得られなかった。しかし、1965年はキャリアハイとなる打率.320を記録し、張本勲や榎本喜一、ブルームといったライバルが不調だったことも追い風となり、念願の首位打者を獲得。本塁打、打点もリーグトップとなり、見事に戦後初、パ・リーグとしても初の三冠王となった。

 後に世界のホームラン王となる王貞治は、1973年、1974年と史上初の2年連続で三冠王に輝いた。毎年のように驚異的な数字を残していた王だが、実は1971年シーズンからスランプに陥り、1971年は打率.276、1972年は.296(十分すごいが……)と、それまでに比べて打率を落としていた。しかし、1972年後半から調子を取り戻し、翌1973年は見事に三冠王を獲得。その勢いは衰えず、1974年も再び三冠王に輝いた。

 1980年代は三冠王が一気に3人も誕生した。まずは1982年の落合だ。プロ入り3年目で首位打者に輝くなど早々に頭角を現していた落合は、プロ4年目で三冠王を獲得。当時は29歳で、20代での三冠は中島に次いで2人目、2リーグ制となって以降では初だった。落合はその後1985年、1986年と史上最多の三度の三冠王にもなっている。


阪急・ブーマー

 助っ人で初の三冠王が1984年のブーマーだ。来日1年目の1983年は前年にヒザの手術を受けていたこともあり、なかなか調子が上がらなかった。しかし、コンディションが整い、日本野球にも慣れた2年目は打率.355と驚異的な数字を残し、本塁打、打点、安打でリーグトップの成績を残した。

 翌1985年には、阪神のバースが躍進。1年目の1983年は開幕からまったく打てず、一時は解雇の危機を迎えたバースだが、翌1984年は成績が上向き、1985年は王に迫る54本塁打を記録した。この年は本塁打だけでなく打率、打点もリーグトップとなり、ブーマーに続いて三冠となった。ところが、バースの活躍はこれで終わらなかった。なんと、翌1986年も再び三冠王に輝いたのだ。特に打率は.389と圧巻の数字で、いまだ破られていないNPB記録だ。

 1980年代は3選手が計6度も三冠を記録したが、そこから長らく三冠王は誕生しなかった。久しぶりの三冠王が生まれたのは、時代が平成に変わり16年が経過した2004年。当時リーグ最強と称されたダイエー打線をけん引する松中が、打率.358、44本塁打、120打点の成績で平成初の三冠王に輝いた。その後、時代が令和に変わるまで平成では松中以外の三冠王は生まれなかったため、松中は「平成唯一の三冠王」でもある。

 2004年の松中以降、現在まで16年間三冠王は誕生していないが、そろそろ誕生を期待したい。

文=中田ボンベ@dcp 写真=BBM